迷うことは嫌いなんです

サブリーダーのアンドです。

だれでも結局「悩み・迷う」ことって嫌いがちですよね

 

うちの母を例にしてみると、家電なんかを買う時にアレコレと悩んでしまって

結局買わない・・・ということもしばしば

アフィリエイト系の記事を書く時も同じ

人は「悩み・迷う」を嫌いますので

サイトの記事を使って、いろいろなものを売りたい、オススメしたいと思って

1つの記事にアレいいですよっ!コレもいいですよっと

いろんな商品(タグ)を紹介してしまうと・・・

 

読者は「結局、どれがいいの?」っとなってしまいます。

そうなると結局は選ばない、購入しないということにつながります。

 

出口は1つ(ワンアウトカム)

1つの記事の中には、話しの着地地点には1つ

例えば「あなたの悩みにはコレがオススメですよ!」と伝えることが、相手や読者は悩まずに済みますからね。

 

1つの記事で伝えたいメッセージは1つ

オススメしたいもの、着地点、ゴールも1つ

one-message(ワンメッセージ)・one-outcome(ワンアウトカム)

これはブログの記事だけではなく、会話でも同じ。

 

母の話しに戻りますが・・・

家電選びに迷った母は結局

店員さんが「これが一番いいですよ!」と勧められたものを買っちゃってます。

 

やっぱり読者や相手を迷わせないこと、one-outcome(ワンアウトカム)を意識することって大事ですね

 

The following two tabs change content below.
アンド塾のリーダー、アンドこと安藤龍・ 長崎でアフィリエイトに挑戦する2児の父親です。 iBSAと出会い、目標達成、着実に夢実現へ! iBSAチャット大会では、Skype版のファシリテーターを担当。 あなたも塾で一緒に夢実現を目指しませんか?