初心者アフィリエイター集合! みんなで楽しく学んで、0→1体験しよう!

感覚の違いから学ぶ

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

【感覚の違いから学ぶ】

福山 紫生(Syo Fukuyama)です。

 

こちらでは初投稿ですね。

 

ぜひ、今後ともよろしくお願いいたします。

アラフィフのお父さんです。

中学生の娘を抱え、嫁と3人で暮らしています。(笑)

 

何不自由なくと言えば、かっこいいですが、

不自由だらけのオヤジです。(笑)

さて、今日のお題は、

「感覚の違いから学ぶ」です。

 

人間は、人と人とのコミュニケーションで

相性が良い悪いの判断を概ね

【サブモダリティ】と言われる要素で判断しています。

 

【サブモダリティ】とは、

NLP用語で【従属要素】と言います。

 

【NLP】とは

【Neuro Linguistic Program】の略で

【神経言語プログラム】と言います。

 

要は人間誰しも、反応するときに

同じような行動をするということを

プログラム化したものです。

簡単に言えばです。

 

難しい言葉は抜きにして、

感覚で捉えている人間が多いということは

理解してくださいね。

その副節で【サブモダリティ】という要素があり

その反応、もしくは、反応の仕方を理解すると

自分がどの傾向にあるのか、また、相手はどうなのか

ということが理解でき、どこに重きを置いているのかが

わかります。

 

V visual       視感覚

A auditory     聴感覚

K kinesthetic    体感覚

に分かれます。

 

これは、この内容を深く覗くと理解できます。

http://fukuyama-syo.com/pdvv

 

**************************

 

私は、論理的にイメージして考え事をするときに

手が口や鼻を触る癖があるようです。

 

因みに我が家では、実際に実験したわけではありませんが、

嫁はV、娘はK、私がAとなり、

それぞれが、異なる理解の仕方をしています。

属性が同じであると居心地が良いとなるのですが、

我が家ではそれぞれが、『居心地が悪い』と

なりそうです。

 

怖いですね。

 

物の説明をするときに、早い=V、中間=A、遅い=K

となり、嫁の理解度の速さに悩まされ、

娘の理解度の遅さにも悩まされと

間に入ったお父さんである私は、板挟み状態という

面白い構図です。

 

しかしながら、これを理解しておくと

相手への理解が深まるため、

営業上では、相手に合わせて説明することで

距離感が縮まり、好印象を与えるテクニックにもなりますね。

 

私もこれから、

ブログ更新をするときに注意したいと思います。

 

これは、この内容を深く覗くと理解できます。

http://fukuyama-syo.com/pdvv

 

 

毎日が成長であり、

昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

 

常に前に。

ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

 

 

*****************************************

 

福山 紫生(Syo Fukuyama)

 

The following two tabs change content below.
福山 紫生
障害を抱える娘と共に頑張って障害を乗り越えようと 現状の会社員から脱出を図ろうと考えている アラフィフのオヤジ、福山 紫生(Syo Fukuyama)です。 『思考は現実化する』という言葉とともに前進あるのみで 大きな夢を実現したく、 まずは、躊躇せずにコンビニコーヒーを購入できるように なりたいと考えています。 また、一期一会の気持ちを大切に、接したすべての人に 幸せを感じてもらえたら、嬉しいですね。 頑張って、良いブログライターになれるよう勉強します。 将来的には在宅での収入を確立し、生活の安定を図り、 そして、家族の時間を有意義に過ごすことが、目標です。 まずは、家のローン返済ですね。(笑)
福山 紫生

最新記事 by 福山 紫生 (全て見る)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


初心者脱出3つのポイント

初心者脱出3つのポイント

【無料】初心者はここから

無料でプチリッチのぞき見!

フォービット

フォービット

プチリッチ本

ノマスタ(ノマディ)

ノマスタ(ノマディ)

SEOに強い賢威

下克上【トレンドアフィリ】

下克上【トレンドアフィリ】

風花初芽

ネットビジネス大百科

応援!ブログランキング

塾長 さやっち

訪問いただきありがとうございます。 sayachi塾長プロフィール